Header Image

心理学ってこんなにあるの?大学で学べる心理学の分野は?

心理学ってこんなにあるの?大学で学べる心理学の分野は?

心理学の分野の種類は?

心理学とは、人の心を分析・観察することで心の中を理解する学問です。一口に心理学といっても、たくさんの分野があります。まず心理学には、基礎心理学と応用心理学の2つに大きく分けることができます。基礎心理学は、人の心の一般法則を研究する分野です。行動心理学、社会心理学、学習心理学、発達心理学、人格心理学、異常心理学などを含みます。また、応用心理学は、基礎心理学の研究内容を実際の生活で実用的に応用できるように研究する分野です。応用心理学の種類には、臨床心理学、教育心理学、犯罪心理学、産業心理学、動物心理学、スポーツ心理学などがあります。それぞれの分野で学べる内容や研究対象が大きく異なります。

大学で心理学を専攻する際に気をつけること

大学や短大で心理学を専攻したいなら、まず基本的な心理学の知識を勉強することをおすすめします。全ての内容を勉強して覚える必要はありません。しかし、心理学の分野の種類を学ぶことで、どのような心理学に興味があるのかを明確にすることができます。勉強したい分野が見つかったら、その分野に精通した教授が在籍している大学を探してみましょう。また、各大学のホームページや資料に載っている、専攻科目のカリキュラムも参考にしましょう。複数の大学の情報を比較することで、自分が興味がある心理学を学べる大学を選べます。また、通信制がある大学や民間スクールの講座でも心理学を学ぶことは可能です。働きながら心理学を勉強したい人には、このような環境を選んでみるのもおすすめです。

心理学の大学では、心理学だけではなく社会学や教育学、福祉などの学問も学べる可能性があります。その後の将来は、資格を生かした仕事や教員、福祉職、公務員など様々な選択肢が広がります。

Top Menu
Main Menu
Social profiles