Header Image

保険の契約をする時の参考に!ネット型の自動車保険のメリット・デメリット

保険の契約をする時の参考に!ネット型の自動車保険のメリット・デメリット

代理店型の自動車保険よりも保険料が安い

ネット型の自動車保険は、代理店型と同程度の補償内容だったとしても、保険料が安くなるのが特徴です。ネット型は、代理店の人を介さず、インターネットで直接申し込む形式を採用しています。人件費や店舗費用といった付加保険料がかからないため、保険料が安く済むのです。ネット型を活用することにより、保険料が家計を圧迫するのを抑えることができます。

好きな時に保険の手続きができる

保険に加入したくても、「保険ショップが近くにない」、「忙しくて時間の都合がつかない」という問題を抱えている人もいるでしょう。インターネット接続環境があれば、24時間365日好きな時に保険の手続きができるのがネット型の強みです。ネット型は、パソコンでクリックしながら自分で保険商品を選んでいくので、担当者や店舗スタッフと話すのが苦手という人にもおすすめです。

保険に対する知識が必要になる

代理店を利用して自動車保険に加入する場合、多数ある保険のなかからプロと一緒に相談しながら自分に合ったプランを選ぶことができます。しかし、ネット型の場合は全て自分一人で保険を選んだり、加入の手続きをしたりしなければいけません。十分な知識がないと、自分に必要のない補償を選んだり、逆に絶対に必要なものを選ばなかったりということもあります。自動車保険というのは、「自分に合った保険」を選ぶということが一番大切です。ネット型は基本的に自分で補償内容を選んでいくことになりますが、ウェブや電話で保険会社に聞くこともできるので、分からないことがあったら相談してみましょう。

自動車保険には対人・対物賠償責任保険のほか、傷害保険や車両保険、さらにロードサービスなど多くの補償機能が詰まっています。自分のクルマの使い方に最も適した契約を探し出すことが必要です。

Top Menu
Main Menu
Social profiles