Header Image

作るのにどんな手続きが必要?法人デビットカードを作り方

作るのにどんな手続きが必要?法人デビットカードを作り方

カードを作る前の口座の開設の流れ

法人として商品の購入や各種支払いなどをカードで支払う時の選択肢は、大きくクレジットとデビットの2種類に分類されています。どちらも同じように感じられますが、クレジットが後払いなのに対して、デビットは支払いをしたタイミングで口座からお金が引き落とされるのが特徴です。残高以上の支払いができないことで使い過ぎを防げる反面、対応する口座を所有していないと利用することができません。口座の開設は個人と同じように必要な書類を準備するのが基本となりますが、ビジネスでは事前に行われる審査に通って初めて所有が認められます。

審査を受ける時の注意点

法人の口座開設に審査が行われるのは、犯罪目的で口座を利用させないための対策と言われています。そのため、資本金が極端に少ない、事業内容が不透明などの理由で落とされてしまうケースもあるので注意が必要です。資本金の額に明確な基準はありませんが、どこの金融機関を利用する場合でも、最低でも100万円以上は用意しておくことが望ましいとされています。事業内容についても、担当者から説明を求められた時にスムーズの答えられるように必要に応じて書類を用意しておくことが大切です。

利用する金融機関を選ぶ時のポイント

デビットカードを取り扱っている金融機関は数多くありますが、それぞれ年会費や利用限度額など細かく条件が異なります。振込や支払いの回数が多い会社であれば手数料が安めに設定されているネットバンクが最適です。振込よりも買い物がメインの企業は、限度額が設定されていないメガバンクが向いています。

法人口座があって初めて作ることが出来るのが法人のデビットカードです。利用方法はクレジットカードと同じ使い方で、後払いではなく口座から直接引き落としになります。利用するのに手数料はかかりません。

Top Menu
Main Menu
Social profiles